注意事項

出会い系サイトとは

主に電子通信機を使用して、男女(時に同性も含む)が知り合う事の出来るウェブサイトの総称。

何故始めに、分かりきった事を書か無ければいけなかったのかと言いますと。
現在は出会い系サイト多様化時代と呼ばれています。では、良いじゃないかと思われるでしょう。 しかしその多様化の影に、出会い系サイトを偽った出会えないサイトが潜んでいるのです。
この詐欺行為に、騙される人が意外と多いのが現実です。

騙されない為には、本質を知らなければいけません。 出会い系サイトにも色々な運営状況があります。月々定額料金を支払うタイプ、ポイントを買い取りサイト内の機能をポイントを消費し使用するタイプ、完全に使用が無料のタイプ。それぞれのタイプで良い面と悪い面は存在します。ではこれからセックスパートナーを探したいという人は、どのタイプの出会い系が有効で、出会えないサイトに登録してしまわない様にするにはどうしたら良いのかについて話していきましょう。


注意すべきポイント

ベストパートナーを見付けたい思いは、男女問わず同じです。ではその為にはどうすれば良いか。有効的なセフレの探し方は、別ページの『出会い系サイトの歩き方』の初心者中級車上級者別で記載していますので、そちらを参考にして頂ければ良いかと考えます。

このページでは、特に注意すべき点について述べていきましょう。

有料出会い系サイト(定額):いくら使用しても定額なので、サクラは存在しません。しかし使用しなくても自動的に料金が発生する為に、退会手続きを忘れ自分では止めたつもりでも料金が引き落とされていた等のトラブルの危険性があります。

有料出会い系サイト(ポイント):定額よりは一度に支払う金額が比較的少ないのですが、ポイントを早く消費させようとするサクラが存在します。覚悟の上で登録される方は良いのですが、サクラと一般人との見極めに自信の無い方は注意が必要でしょう。

無料出会い系サイト:運営を広告料でまかなう為に、メール内やサイト内にバナー等の広告が存在します。無料なのでサクラはいませんし、今の法律ではワンクリック詐欺等は排除されていますが、初めて利用される方は広告が目障りに感じるでしょう。


自分で守る

平成21年2月1日の法改正により、悪質なサイトの排除が進み、前の章で述べたようにワンクリック等の詐欺的なサイトは減少傾向にあります。しかし、もっと怖いのは個人情報の漏洩です。取り締まりが厳しい中、サイト側が登録者情報を他業者へ流すのは困難ですが、一般の登録者に紛れアドレス回収業者等が存在します。

この事からも異性から連絡先を聞かれても、安易に教えてはいけません。また早く会いたいからといって、プロフィールや掲示板等に自分の携帯アドレスを書き込むのは非常に危険な行為だといえます。

そして少数ではありますが、出会いとは全く関係のない、宗教団体への勧誘・マルチ商法・デート商法等の犯罪の温床にもなっています。その可能性がある事を念頭に置き「怪し気には踏み寄らず」の考えで利用しましょう。

出会い情報

セフレの作り方

出会い系サイトの歩き方

フリーセックス

真剣な恋愛がしたい

携帯の方はコチラ

  • バーコードリーダーQRコード
inserted by FC2 system