日本人のセフレに関する意識調査

はじめに

何故、セックスフレンド(以後セフレ)を取り上げたサイトを作るに当ったのかを述べる必要があると思われます。

生物の繁殖に不可欠なSEX(性行為を表す)、そこに快楽という要素を求めているのは何も日本人だけに限られた事ではありません。

英国のコンドームメーカーのデュレックスが毎年調査しているアンケートで、驚くべき事に日本が『世界一のセックスレス国』という残念な結果が出ているのです。

この不名誉な調査結果を目の当たりにして考えました。日本は恥の文化(人に迷惑をかける恥ずかしい事をしない)とされ、古くからこの考えがすり込まれています。つまり人目を気にするこの文化、ゆえに根本的な意識がSEXに対して日本人を奥手にさせていると言えるのではないでしょうか。

しかしどうでしょう。実際はSEXにより得られる快楽を忌み嫌っているでしょうか?いえむしろ常に求めています。なのに周りの目を気にする余り淀み溜まった欲望は、暴走へと変化し、痴漢、盗撮、幼児への性的虐待等の歪んだ性犯罪へと現れています。

この事を日本の危機的状況と考え、日本人男女が自由にセフレを探す事が出来て、しがらみのないセックスライフを楽しんで頂きける様なサイト作りを目指していこうと考えました。

調査結果

全国の男女(男性5千人、女性5千人)合計1万人へのアンケートを行い『セフレが欲しいと感じた事があるか?』を問いました。

半数に満たないとしても、意外と多くの男女がセフレに興味を持っている結果が出ています。

しかし興味の多い年と少ない年の差は、1466人と大きくひろがりがあります。セフレを欲しいという興味心が一体何によって引き出されるのか、そこを知れば誰もがセフレをつくるに当ってのヒントになるのではないかと我々は考えました。


もう一つのデータ

国内総生産(GDP)は、国内で生み出された付加価値の総額で、統合的に経済の成長率を計れる値です。



2つのデータから読み取る

つまりその年の国民の裕福度を見れると言っても良いGDPのグラフと、セフレの欲求度をみるグラフを見比べて欲しい。驚くべき事にそのグラフの折線は、同じ動きをしているではありませんか。

経済が伸びた年には、人々の性への興味が上がる。仕事の充実感や金銭のゆとりが、何の関係も無さそうな性的欲求に繋がっている非常に面白い結果が見る事が出来ました。

この事からセフレ探しにあたっては、たとえ愛情の介さない肉体的な関係であっても、相手が現状の生活に充実感を抱いているのか重要な1つの目線ともいえます。

そして不況とは言われながらも、現在の経済成長は上昇の傾向にあります。つまり、日本はセフレを欲する時代に突入しています。どうかこのセフレ成長期ともいわれる、現在の日本でべストなセックスパートナーを探し、有意義に人生を楽しむ事を願っております。

出会い情報

セフレの作り方

出会い系サイトの歩き方

フリーセックス

真剣な恋愛がしたい

携帯の方はコチラ

  • バーコードリーダーQRコード
inserted by FC2 system